ホーム > ASAYAKE

ASAYAKE

暮らしのなかで、表情を変える光を楽しむためのグラス

使う前とあとで、こんなにも思い入れが変わるものに出会ったのは、初めてかもしれません。
モールと呼ばれるねじり模様と、INDIGOPURPLEAMBERの3色のカラーリングが、どこかレトロな琉球ガラス。
ASAYAKEという名前は、「光が生まれるところ=朝」と「ガラスを通して光を楽しんでほしい」という思いがこめられているそうです。とはいえ、普通のガラスのような透け感はないので、初めは不思議に思いました。けれど、その謎はASAYAKEを光の中に置いたときに解明されました。

移ろう日差しを浴びたASAYAKEは、朝の窓辺や昼下がりのキッチン、夕暮れのリビングに、色とりどりの影を描きます。
それは光の魔法としかいいようのない光景で、万華鏡を初めて手にした子どものように、ASAYAKEを片手に良い光が生まれる場所を夢中になって探してしまうのです。

そして、遊びつかれたら、水を一杯。
ごくごくと喉を鳴らして飲みます。
ひと心地ついて手元に目を落とすと、半分ほど水の入ったグラス。
まるで清らかな水をたたえた泉のようで、そのあまりに生き生きとした輝きに、ただ見とれるばかり。

けれどこれらは、ASAYAKEの魔法のほんの一部。
たとえば朝ごはんのグラノーラ。
PURPLEのガラスボウルに、たっぷり注いだミルクのコントラストがきれい。
食器を洗い終えて、窓辺に置いたASAYAKEを何気なく見ると、グラスのふちに空が映っている。
そう、こんなふうに、思いがけない表情を次々と見せてくれるはずです。

まるで良き伴侶のように、新鮮なおどろきと感動をあたえてくれるガラスの器。
どうぞ、いつまでもそばに置いて、あなただけの光を見つけてくださいね。



商品スペック

工房Glass Studio尋
サイズGLASS φ7cm×H8.5cm
BOWL φ10.5cm×H7cm
産地沖縄
現在登録されている商品はありません