ホーム > コラム > ひと振りで料理が劇的進化! 〜ビンfoodのスパイス塩〜

ひと振りで料理が劇的進化! 〜ビンfoodのスパイス塩〜

ひと振りで料理が劇的進化! ビンfoodのスパイス塩

料理・写真・文/澤則子

季節の変わり目や、新しいプロジェクトが始まったりする時期は、何かと忙しくて 疲れも溜まりやすくなります。
お休みの次の日の朝は、疲れも取れなくて、いつもより寝坊してしまったり。


でもせっかくの休日の朝はスッキリ目覚めたいですよね!
そんな時は深煎りのコーヒーを淹れて、かんたんな朝食にチーズトーストを焼いて。
焼き上がりにアラビアンマースをぱらり。
コーヒーの香りとスパイスの芳香が、食欲というめざまし時計になる気がします。



ビンfoodのアラビアンマースは、粗塩をベースに、アーモンドやクミン、ウコンなどを ブレンドしたデュカとも呼ばれるスパイス塩です。

サラダにパラリとふってもアクセントになりますよ。


平日は会議が立て込んだり、仕事が立て込むとゆっくりランチを取る時間もままならない時もありますね。時にはコンビニのお弁当が続くこともあるでしょう。
でも健康を考えて、かんたんな手作りのお弁当はいかがでしょう?


揚げ玉とネギのおにぎりに、アラビアンマースをふると和風ベースの味が
一気にエスニック風味へ。まるで和風だしのカレーうどんのよう!
バッグに忍ばせておいたり、デスクに常備も良いかも。
おかずは週末に作り置きしておくと、朝の準備もスムーズです。


忙しい平日が終わり、久々に持ち帰り仕事もない週末。
ぐっすり眠って疲れが取れたら、たまにはゆっくり家ごはんを。
アラビアンマースをたっぷり入れたフムスをバゲットに乗せて、ほっと一息。
このスパイス塩には、沖縄県産のうこん(ターメリック)が入っているので
スパイシーな味がお酒にもよく合います。

他にもサラダにオリーブ油とアラビアンマースをふったり、冷やっこにお醤油と
アラビアンマースをかけたりしても。スパイスというとエスニックなイメージですが
和食をはじめいろんなお料理に合いますよ。いろいろなお料理にちょい足しして
どんどん試してみてくださいね!




■■ ちょい足しの魔法レシピ⭐■■


■ 【 ⭐めざましのチーズトースト 】 ■

[ 材料 ]
・食パン(お好きな厚さで)1枚
*パクチーペースト もしくはピザソース 適宜
・スライスチーズ 1枚
・アラビアンマース 適宜

[ 作り方 ]
① 食パンにパクチーペースト(ピザソース)を塗り、スライスチーズを乗せてトースターで焼く。
② 焼き上がりにアラビアンマースをお好みの量をかけて召し上がれ。

*パクチーペーストを自作する場合、パクチーを細かく刻み、オリーブオイルと塩、にんにくと一緒になめらかになるまでフードプロセッサーなどで混ぜる。


■ 【 和風カレーみたいなタヌキおにぎり 】 ■

[ 材料 ]
・ごはん 食べたい量
・麺つゆ 揚げ玉と青ネギの量に合わせて
・揚げ玉 お好みの量
・青ネギ 適宜
・アラビアンマース 適宜

[ 作り方 ]
① 揚げ玉とみじん切りにした青ネギを麺つゆに入れて味を染み込ませ、硬めに炊いたごはんに混ぜておにぎりを作る。
アラビアンマースをふって召し上がれ。


■ 【なにもない日曜日のフムス】 ■

[ 材料 ]
・ひよこ豆の水煮 200g
・白ごまペースト 大さじ1
・にんにく 1かけ
・レモン汁 大さじ1
・オリーブオイル 大さじ2
・アラビアンマース お好みの量(味見しながら)
・ひよこ豆の茹で汁(または水)50ml〜70ml (固さを見ながら)

※飾り用の材料
・ピンクペッパー
・パプリカパウダー
・オリーブオイル
・ひよこ豆水煮


[ 作り方 ]
① 上記材料をすべてフードプロセッサーに入れてなめらかになるまで撹拌する。水分は固さを見ながら調整する。


澤則子
フードクリエイティブディレクター

デザイン業界と飲食業界での様々な経験を生かし、調理、スタイリング、撮影、デザインまで、トータルに担当。料理と心の師匠は母。沖縄の器であるやちむんと琉球料理をこよなく愛し、読谷村〜壺屋で暮らす。