ホーム > 工房 > 工芸/Craft > Glass Studio尋

Glass Studio尋

魔法使いのようにガラスと遊ぶ
ライトコック─光の料理人

子どもの頃、世界は不思議なことだらけだった。
そのことを思い出させてくれたのが、Glass Studio尋の屋我平尋さん。
自らを「ライトコック=光の料理人」と名乗り、「見たことのない光を生むためにガラスを作っている」と語る屋我さんがガラスに出会ったのは、東京でグラフィックデザインを学んでいた専門学校生の頃。

「友達がティファニーのガラスランプを見せてくれたんです。ティファニーといえば僕でも知っている高級品ですが、ホコリをかぶっていたこともあり、初めはなんだか汚いランプだな、と思いました。それが灯りをともしたら、見違えるようにキレイになったんです。ガラス越しの光が部屋中を染めて、もう、夢中で見入ってしまいました」

それと同時に、子どもの頃の記憶が屋我さんの脳裏に蘇った。

「ビー玉が好きだったんですよね。水たまりに浮かべると、太陽が当たって光の柱が出来るでしょ? あれが大好きだった。そして、ろうそくの火であぶるとヒビが入って、ひとつひとつ違う模様に見えて面白かった。たわいないようで、心が震える体験だったんです」

思い出すと、胸がワクワクした。ちょうど卒業後の進路を考えていた屋我さんは、「一番好きなことを仕事にしよう」と決意。
そして沖縄に帰ってガラス職人になることを決め、ステンドガラスの工房で6年間、吹きガラスの工房で7年間働いたのち、1997年に独立。沖縄市にグラススタジオ尋を開いた。

吹きガラスやステンドグラス、フュージング、チッピング、サンドブラストといった多彩な技術と、美しいオリジナルカラーを自ら調合して作るアーティスティックな感性をあわせ持つ屋我さんのガラス作品は、コンテンストなどでの入賞歴も多い。

また、琉球ガラス生産・販売協同組合の理事という責任ある立場の屋我さんだが、
その横顔は遊び心満点の少年のようだ。

屋我さんが、グラスやボウルなどいくつかの作品を棚から出し、窓から差し込む夕方前のやわらかい光にかざす。
ひらひらと揺れるレースのようなモールガラスの影。
はじけるサイダーのような、泡ガラスの影。
色とりどりの影がテーブルに映り、工房が光の博物館になる。

思わずつられて、ASAYAKEを万華鏡のように右目に当てると、モールというASAYAKEに施されたゆるやかなねじり模様で、ぐにゃりと視界が曲がり、見慣れた世界はたちまち姿を変えた。
INDIGOは森の中、PURPLEは深海、AMBERはサバンナを歩いているみたい。
ああ、そうだ。
こんなふうにガラスで遊ぶと、とても楽しいのに、なぜだろう?ずっと忘れていた。

ライトコック、屋我平尋さん。
魔法使いのような彼とその仲間たちが作るガラスは、私たちの子ども心を呼びさます呪文だ。
目覚めた私たちは、自分の中に子どもの頃と同じ力があることに気づく。
ビー玉ひとつで、世界を何通りにも作り変えたあの頃のように、グラスを万華鏡に、ボウルを幻灯機にして遊んでみよう。
きっと、いつもの暮らしが、見違えるようにワクワクと楽しいものになるにちがいない。

7 件中 1-7 件表示 

豆皿 大(スミレ)

豆皿 大(スミレ) / 琉球ガラス / GlassStudio尋

商品価格1,320円(税込)

申し訳ございません。ただいま在庫がございません。

豆皿 大(カチガエシ)

豆皿 大(カチガエシ) / 琉球ガラス / GlassStudio尋

商品価格1,320円(税込)

申し訳ございません。ただいま在庫がございません。

豆皿 中(ブドウ)

豆皿 中(ブドウ) / 琉球ガラス / GlassStudio尋

商品価格990円(税込)

申し訳ございません。ただいま在庫がございません。


豆皿 中(ひわ)

豆皿 中(ヒワ) / 琉球ガラス / GlassStudio尋

商品価格990円(税込)

申し訳ございません。ただいま在庫がございません。

泡グラス(カチガエシ)

泡グラス(カチガエシ) / 琉球ガラス / GlassStudio尋

商品価格2,530円(税込)

申し訳ございません。ただいま在庫がございません。

泡グラス(スミレ)

泡グラス(スミレ) / 琉球ガラス / GlassStudio尋

商品価格2,530円(税込)

申し訳ございません。ただいま在庫がございません。


泡グラス(ブドウ)

泡グラス(ブドウ) / 琉球ガラス / GlassStudio尋

商品価格2,530円(税込)

申し訳ございません。ただいま在庫がございません。


7 件中 1-7 件表示