ギャンブルでファッションが重要な理由とは?

ギャンブラーとして、長年の経験を持つ私は、ファッションがギャンブル中にどのくらい重要なのかについて、多くの質問を受けます。ジェームズ・ボンドの映画をご覧になったことがあると思いますが、ボンドは髭をきっちり整え、スーツに身を包み、カジノへ乗り込みます。カジノの従業員や訪問者も、清潔感がある格好をしていますが、それは偶然なのでしょうか?もちろん、そうではありません。この記事では、ギャンブル業界でファッションが重要な理由についてご紹介します。

カジノではドレスコードが存在することが多く、特定の洋服を着ていないと入場を断られる場合があります。あり得ない話だと思いますか?他のプレイヤーの迷惑になるような浮浪者の格好では、カジノは当然入場させてくれません。多くのカジノでは、入場するためにタキシードやスーツを着用することがドレスコードとして要求されます。ですので、カジノに行く前に、そのカジノにドレスコードがあるかどうか確認しておくが大事です。実は、私はカジノのドレスコードがあるかないかを事前に調べ忘れ、入場できなかったことが何回かありました。せっかく、アメリカまで来て、カジノに入れないのは悲しいですよね。そのような状況を防ぐためにも、カジノに問い合わせることやウェブサイトからドレスコードがあるのかを事前に確認してください。

では、カジノに行くためにどのような服装を用意すればいいのでしょうか?男性の場合、洋服を選ぶことは女性よりずっと簡単です。日本には「男にしては美しい」という言葉がありますが、カジノでの服装は清潔感があり美しいものを用意すれば大丈夫です。例えば、休暇中にカジノを訪れるのであれば、カジュアルな服装で大丈夫です。その例としては、ダメージジーンズ、スラックス、ポロシャツです。女性の場合はロングスカートやワンピース、そしてスニーカーなどが挙げられます。このような服装はカジノに溶け込みやすく、警備員の注意を引く心配もありません。

二つ目のドレスコードをご紹介します。カジノリゾートへ出張に行く場合はどうするのでしょうか?カジュアルな服を着ればいいのか、それともスーツのような服を着ればいいのか?それは時と場合によります。一緒にカジノを訪れるクライアントがどのような洋服を身につけているかによります。そして、クライアントには、長期的に付き合いのあるクライアントと、近い将来取引をする予定のクライアントがいると思います。もし、前者であれば、カジュアルな服装で行っても問題ありません。たとえ年配のクライアントであっても、カジュアルな服装で大丈夫でしょう。一方、初対面のクライアントには、ビジネススーツとそれに合う綺麗な靴を用意し、色にも気を配るといいと思います。